スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)

 永住外国人への地方参政権(選挙権)の付与の是非が大きな争点となる中、永住者の資格を持つ在日外国人に注目が集まっている。参政権の付与対象は、永住者49万人と在日韓国・朝鮮人ら特別永住者42万人の計91万人だが、このうち永住者が急増しているためだ。「わが国の国益を踏まえた議論が乏しい」と懸念する識者がいる一方、外国人の定住・永住化が進む現実を前に、外国人の人権確立を訴える声も上がっている。

  [フォト]お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱

 ■確定申告で「扶養家族」続々

 「永住中国人の確定申告はすさまじいばかりだ」

 関東地方の税務署関係者が明かす。

 「中国本土に住む両親、兄弟、配偶者の両親、その兄弟姉妹…と、両手の指で数えられるほどの『扶養家族』がついてくる」

 所得税や住民税では、納税者に扶養家族がいる場合、一人当たり一定額の所得控除があり、還付が受けられる。その仕組みを利用した“節税対策”という。

 「最終的に納税額がゼロになるまで扶養家族をつける。足りないと、出直してまで扶養家族を足してくるケースもある。韓国やロシアなど他国人と比べ、そうした申請は中国人が突出している。法律に違反しているわけではないし、大家族の国なので、そういうこともあるのかもしれないが…」

 法務省入国管理局の統計によると、在日外国人は平成20年末時点で221万人と総人口の1・74%。このうち在留期限や就労に制限のない永住権を持つ永住者は49万2千人と50万人に迫る。

 かつては在日韓国・朝鮮人ら特別永住者が最多だったが、高齢化で年々減り続ける一方、永住者は10年間で5倍に急増し、19年に特別永住者を上回った。とりわけ中国人は14万2千人で、永住者の3・5人に1人は中国人となっている。

 ■「日本で同窓会ができる」

 中国人が集住する東京・池袋の“チャイナタウン”で中国語新聞を発行する「日本新華僑通信社」の蒋豊編集長(50)によると、中国人は1978(昭和53)年以降、市場経済化を推進した改革開放政策により80年代から増えたという。

 蒋さんは「当時の中国人には来日する理由が3つあった。改革開放政策と、外国語を学ぶ学習欲、そしてバブル景気の真っただ中だった日本の経済的な魅力だ。彼らは到着の翌日から皿洗いするほどの意欲があった」と振り返り、さらに近年の来日中国人の傾向についてはこう語った。

 「今は日本へ来る中国人の多くが、改革開放政策と同時に始まった『一人っ子政策』の子供たちだ。子供の意思よりも、両親が子供の視野を広げようと願って送り出すケースが増えた。経済的な理由で来日する中国人は減っていると思う」

 池袋の中華料理店でアルバイトをしている福建省出身の中国人女性(24)は、高校を卒業後、19歳のときに「留学生」の資格で来日した。

 「まだ若いからほかの国に住んでチャレンジしてみたかった」と話し、日本を選んだ理由は「先進国なので行ってみたかった。小さいころから日本は技術力が高く、日本人は優しくきれいな国と聞いてあこがれていた。実際、便利で生活しやすい。電車もたくさん走っているし、新幹線もある。買い物もコンビニが24時間あいている」。

 彼女の高校時代の同級生40人のうち、半数の20人ほどは現在、東京や大阪、神戸など日本国内に住んでいるという。

 「日本で高校の同窓会ができるくらい。高校時代の友人で中国に残っている人は少ない。ほとんどはアメリカ、オーストラリア、カナダ、日本へ行っている。特にアメリカと日本が人気ですね」

 ■「移民」志向で定住・永住

 永住者だけでなく、来日の際に外国人登録をする「登録外国人」の10年間の推移をみても、中国人の急増ぶりは群を抜いている。平成10年末の登録外国人のトップは韓国・朝鮮人で63万8千人。中国人は2位だったが、その数は27万2千人でトップとは大きく離れていた。

 ところが、中国人の登録数は年間5万人のハイペースで増加。19年には中国人は60万6千人に達し、韓国・朝鮮人(59万3千人)を初めて逆転した。20年には65万5千人まで伸びている。

 「実際は65万人どころではない。日本国籍を取得した中国人を含めれば、日本国内に100万人ほどいるのではないか」

 池袋にある中国語の新聞社に勤める滞日20年の中国人男性はこう話す。

 同社によると、中国語の新聞は全国で20紙ほどあり、各紙とも隔週で1万〜2万部ほどを販売または配布しているという。

 結婚などのため北海道や九州へ転居した中国人も定期購読しており、彼らにとって大事な情報源となっている。新聞広告はすべて中国人向け。男性は「不況で広告費が安くはなっているが、広告出稿が途絶えることはない」。

 登録外国人のほかにも、20年の1年間に日本を訪れた外国人のうち、観光や出張などの短期滞在者を除くと中国人は13万4千人で飛び抜けて多い。中国人の来日形態は、他国人とは異なり、長期滞在者や「移民」志向であることがうかがえる。

 ■3分の2は「反日教育」世代

 ノンフィクション作家の関岡英之さん(48)はこうした状況について「中国人の場合、すでに永住権を取得している14万人以外に、その“予備軍”というべき分厚い層が存在する。放置すれば爆発的に伸びるのは必至だ」と指摘する。

 入管統計によると、20年末で「日本人の配偶者等」の資格を持つ中国人は5万7336人おり、また「永住者の配偶者等」の資格を持つ中国人が6170人いる。

 「これらの在留資格は最長3年だが更新可能で、永住者の資格取得の要件も緩和される。永住者に準ずる存在とみて差し支えない」(関岡さん)

 さらに、これら以外に「定住者」の資格を持つ中国人が3万3600人いる。定住者とは「法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者」とされており、在留期間は3年だが、働く職種や労働時間に制限はない。関岡さんは「永住者との違いは事実上、『一定の在留期間』という制限だけで、これも個別に更新することで尻抜けになっている」。

 20年末の中国人の永住者は14万2469人、特別永住者は2892人だが、これら日本人や永住者の配偶者等、定住者という“永住予備軍”を加えると、その数は23万9575人に達する。

 一方、20年の1年間に中国から新規入国した121万人を年齢別にみると、10代以下が10万人▽20代が35万人▽30代が32万人▽40代が23万人▽50代が12万人▽60代以上が6万人。

 30代以下が78万人と全体の3分の2を占める。江沢民・前国家主席の政権下で「愛国反日教育」を受けた世代である。

 ■「排外主義でなく共生を」

 関岡さんは「むろん永住志向の中国人の大半は善良な市民なのだろうが、北京五輪の聖火リレーを思いだしてほしい。全国の中国人が長野に結集し、異様な行動様式、威嚇(いかく)的な一大政治デモンストレーションを見せつけた」と指摘し、こう警鐘を乱打する。

 「在日中国人が有事の際、わが国の主権下において北京当局や中国大使館の号令の下、中国の国益を擁護し、わが国の国益を損なう集団行動を統一的に展開する可能性は排除できない。こうした懸念のある10万人規模の外国人に対し、地方レベルとはいえ参政権を付与するなど、常識では考えられない」

 一方で、永住外国人が増え続ける現実を前に、外国人の人権確立を求める民間団体は「これだけ多くの外国人が日本の各地域に住み、日本人のいやがる3K職場の労働力不足を補っている。外国人は今後、増えこそすれ減ることはない。排外主義ではなく、日本人と外国人が共生する環境をどう構築するか真剣に考えていく必要がある」としている。

【関連記事】
一般永住者10年で5倍 急増の背景に入管の方針変更
まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン
外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票
外国人参政権 「反対」が「賛成」を逆転

「受動喫煙防止条例」4月1日に施行、各施設で準備進む(産経新聞)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
全盲女性、点字訴状で提訴=全国初か「みんなの励みに」−名古屋地裁(時事通信)
北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)

<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)

 全天候型と呼ばれる自動車用の市販フロアマットを敷くと、26車種中16車種でアクセルペダルがマットに引っかかる可能性があることが30日、国民生活センターのテストで分かった。純正マットでも固定しないと7車種で引っかかった。アクセルが戻らないまま暴走する恐れがあり、同センターと消費者庁は注意を呼びかけている。

 米国でのトヨタ自動車の自主改修を受け、8社26車種の純正フロアマット、全天候型の市販マット3社4銘柄をテストした。全天候型は、雨水が車内にこぼれにくいように縁が高いタイプで、トヨタの自主改修の原因となった。床に固定しないためにずれたり、形状が合わなかったりしたため、端部や溝、しわにペダルが引っかかることがあった。ペダルから足を外しても加速を続けたり、ブレーキを踏んでも停止できないケースも確認されたという。

 同庁は同日、業界団体にブレーキ優先の機能を検討するよう要望した。国土交通省によると、マットにペダルが引っかかったことが原因と見られる事故は過去1年間で13件報告されている。【山田泰蔵】

<素敵カラダプロジェクト>ひざ上の肉の落とし方 レッスン第3回(毎日新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
歯科医院でガス爆発、4人搬送 大阪・茨木市(産経新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)

普天間移設を協議=岡田外相、米国防長官と会談(時事通信)

 【ワシントン時事】岡田克也外相は29日午前(日本時間29日深夜)、ゲーツ米国防長官と国防総省で会談した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、外相は、沖縄県外も含む分散移転案など政府の検討状況を説明。5月末までの決着に向け、日米両国で協議を進めるよう要請する。
 普天間移設について、政府は米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)とホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に2段階で移設し、これに鹿児島県徳之島などへの基地機能移転を組み合わせる案を検討している。外相はこうした方針を説明して米側の理解を求め、日米の実務者レベルで新たな移設先についての話し合いに入りたいと提案する見通し。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

判決文偽造し詐欺、元家裁書記官に懲役11年(読売新聞)
<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り(時事通信)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)

新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟−東京高裁(時事通信)

 千葉県浦安市立小学校の特別支援教室に通っていた小学6年当時、担任だった元教諭の男性(50)=依願退職=から暴行や性的虐待を受けたとして、知的障害のある女性(18)と両親が計約2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が24日、東京高裁であった。一宮なほみ裁判長は、一審が退けたわいせつ行為を新たに認め、市と県に計60万円の賠償を命じた一審判決を変更し、計330万円の支払いを命じた。
 一宮裁判長は、一審が認定した虐待行為に加え、元教諭が女性の胸などを触ったり、自分の下半身を見せるなどしたわいせつ行為を新たに認定した。その上で、特段の配慮が必要な特殊学級で、理解能力が劣る女性への虐待は許し難いと述べた。
 元教諭は強制わいせつ罪で起訴されたが、刑事裁判では起訴内容の日時や場所に疑問があるとして、無罪が確定している。
 松崎秀樹浦安市長の話 判決内容を精査して対応したい。 

【関連ニュース】
男性にアリバイ、釈放=わいせつ未遂で逮捕8日後
特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男
「ヘッドホンの女性狙った」=わいせつ容疑で男追送検
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」

「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
クロマグロ、禁輸回避確実に=モナコが決議取り下げ−条約会議(時事通信)
父に殴られた15歳死亡=愛知(時事通信)
食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)

訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】ベトナム戦争報道を指揮するなど国際事件記者として知られた元毎日新聞外信部長のジャーナリスト、大森実さんが25日午後(日本時間26日午前)、米カリフォルニア州南部ミッションビエホ市の病院で肺炎のため死去した。88歳だった。

 葬儀・告別式は家族による密葬を行う予定。喪主は妻恢子(ひろこ)さん。

 大森さんは、1922年神戸市生まれ。神戸高商(現兵庫県立大学)卒業後、いったん日本窒素肥料(現チッソ)に入社したが、終戦を機に毎日新聞に入社。大阪社会部からワシントン特派員となり、同支局長、外信部長を歴任した。1960年度のボーン国際記者賞(現在のボーン・上田記念国際記者賞)を受賞。ベトナム戦争の企画「泥と炎のインドシナ」で65年度の新聞協会賞を受賞したが、米軍による北ベトナム空爆報道をライシャワー駐日米大使に非難された。

 66年に退社した後も、ジャーナリスト活動を続けた。カリフォルニア大アーバイン校歴史学部の教授も務め、「戦後秘史」全10巻、「人物現代史」全13巻、「ザ・アメリカ勝者の歴史」全10巻など多数の著作を残した。

【関連ニュース】
<ニュースボックス>1965(昭和40)年2月7日 米国、北ベトナムの爆撃開始
<昭和毎日>1968(昭和43)年 米原子力空母エンタープライズが佐世保入港
<今、平和を語る>ジャーナリスト・前参議院議員、田英夫さん
<ことば>ベトナム戦争

【ITエクスプレス】自転車用GPSナビが人気(産経新聞)
2010年度予算成立、社会保障関係費は9.8%増(医療介護CBニュース)
<平野官房長官>機密費使途公開「国益にプラスなのか」(毎日新聞)
鳩山邦氏の離党届受理=自民(時事通信)
特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)

同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」−佐賀地裁(時事通信)

 同僚男性を殺害し、山中に遺棄したとして殺人と死体遺棄の罪に問われた古賀稔被告(25)ら3人の裁判員裁判で、佐賀地裁(若宮利信裁判長)は19日、古賀被告に懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。納富崇宏被告(27)は懲役14年(同懲役17年)、鷲崎幸一被告(32)は懲役10年(同)とした。
 判決は「被害者に対する同情心などが全く欠如しており、残忍性が際立っている」と指摘。古賀被告については「主導的立場にあり、再犯の恐れがある」とした。
 裁判員経験者ら7人が記者会見し、60代の男性が「3人を比べるのは難しい」としたのに対し、別の男性は「同じ法廷にいることで力関係が分かった」と話した。評議を含め期日が7日間に及んだことに関しては、疲れや仕事の都合から「間に休日を設けてほしい」との意見が数人から出た。
 判決によると、古賀被告らは昨年7月、同僚の廃品回収業江島幸夫さん=当時(38)=に佐賀市内で暴行を加えるなどして殺害。遺体を佐賀県神埼市内の山中に埋めた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判

信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故…3人けが(読売新聞)
架線トラブル、全線で運転再開 閉じ込められた乗客は計4700人(産経新聞)
<雑記帳>海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
<新潟市長>自ら減給処分 美術館かび・クモ問題(毎日新聞)
<入札>導入したら歳入70倍に 自販機設置で岐阜県(毎日新聞)

<社債>トラブル相談相次ぐ 総額14億円解約などに応じず(毎日新聞)

 社債のトラブル相談が相次いでいるとして、国民生活センターは17日、業者名を公表したうえで、「アフリカントラスト」「アフリカンパートナー」名義の社債を購入しないよう注意を呼び掛けた。相談者1人あたりの購入平均額は470万円で総額は14億円を超え、解約や返金などに応じていないという。

 業者は「ワールド・リソースコミュニケーション」(東京都港区)=旧社名アフリカントラスト(09年11月ワ社へ社名変更)▽アフリカンパートナー(09年11月ワ社に合併解散)。全国の消費生活センターには08年12月〜10年2月末に計546件の相談があり、「アフリカンパートナーを名乗る勧誘を受け、金融機関に連れて行かれ900万円の社債を購入した。契約を取り消し返金してほしい」(09年12月、静岡県の50代女性)「電話で何度も『もうかる』と勧誘を受け、社債を数百万円購入した。解約を通知したが返金されず『撤回しろ』『消費者センターへの相談を取り下げろ』と匿名の電話が掛かってくる」(09年12月、東京都の80代女性)といった内容だという。センターは「解散後にも旧社名の社債が発行され、元本保証をうたうなど倒産リスクもきちんと説明していない」などと指摘している。【藤田祐子】

【関連ニュース】
食の安全事件:78%増、産地偽装表示の摘発34件
折りたたみ自転車:5製品でハンドル抜ける欠陥
シジミ偽装:ロシア産を「宍道湖産」福岡の業者
折りたたみ自転車:5製品でハンドル抜ける欠陥
ベビーカー:海外ブランド人気で多様化、どう選ぶ?

菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件再審の判決公判−宇都宮地裁(時事通信)
太陽光エネルギー 日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)
<未成年者略取>2歳児連れ去り…12時間後に保護 東京(毎日新聞)
公示地価、2年連続下落=住宅地4.2%、商業地6.1%−上昇地点、過去最少更新(時事通信)
強風でシャッター外れ、3人軽傷 東京・調布(産経新聞)

カーネル人形が甲子園そばの店で「接客」(産経新聞)

 甲子園球場(兵庫県西宮市)近くのファストフード店に、大阪・道頓堀川から引き揚げられた「カーネル・サンダース人形」が19日、“定住”した。

 昨年3月、川から24年ぶりに発見されたままの姿で、店内のガラスケースに入って展示されている。

 イベントがあれば出張にも出かけるという。現場復帰したカーネル人形だが、タイガース優勝の「陰の立役者」となるか。

国立劇場のスルガザクラ 2代目のツボミふくらむ春(産経新聞)
<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術
日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
<奈良公園>雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針(医療介護CBニュース)

中井拉致担当相「存命の日本人妻は約100人」(産経新聞)

 中井洽拉致問題担当相は15日の参院予算委員会で、配偶者らと北朝鮮に渡った日本人妻について「存命といえる方は100人ぐらいではないかと承知している」と述べた。

 また「鳩山由紀夫首相からは北朝鮮にいる日本人の生存者すべてを救い出せという指示をいただいている」と指摘した。その上で「望んで北朝鮮へ渡ったとはいえ、収容所に収監された人たちの人生は想像を絶する。あらゆる機会にこの問題を世界に認識してもらい、一日も早く日本への帰国がかなうよう精いっぱい努力する」と語った。民主党の山根隆治氏の質問に答えた。

【関連記事】
帰還事業とマスコミの責任
日本人妻ら「あの日を忘れない」 北朝鮮帰還事業50年追悼集会
日本人妻の安否調査を 新潟の集会で訴える
「北日本人妻の帰国を外交問題に」 支援組織が首相あてに要請文
拉致留学生のパスポート偽造 北と日本赤軍、よど号犯通じ接点?
20年後、日本はありますか?

山口彊さん偲ぶ会 長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
首相動静(3月17日)(時事通信)
政権交代の効果強調=「密約」確認で平野官房長官(時事通信)
元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑−愛知県警(時事通信)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)

<火災>2棟焼き独居の86歳死亡 大阪(毎日新聞)

 13日午前2時半ごろ、大阪市阿倍野区阪南町3、無職、近藤純(すみ)さん(86)方から出火。木造2階建ての近藤さん方延べ115平方メートルと、西隣の民家延べ約80平方メートルを焼いた。近藤さんが全身にやけどを負って、約2時間半後に死亡した。

 大阪府警阿倍野署によると近藤さんは1人暮らし。同署は出火原因を調べている。近くに住む主婦(71)は「消防車のサイレンで目が覚め、寝間着姿で外に出ると、(焼けた家から)火の粉が舞い、黒い煙がもくもくと出ていた。消防から『逃げる用意を』と言われ、貴重品だけ持ってきた。びっくりした」と話していた。【野田武、田辺一城】

【関連ニュース】
火災:老人介護施設全焼 入所者7人死亡、2人けが 札幌
火災:民家焼き幼い兄弟死傷 北九州
火災:2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区
火災:アパートなど5棟燃える けが人なし 東京・杉並
工場火災:東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし

<福岡市>「観光資源」「邪魔」…天神を彩る観光資源「屋台」どうする? 新組織で協議へ(毎日新聞)
グループホーム運営会社など捜索=7人死亡火災−道警(時事通信)
レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬サイト
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 比較
債務整理
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM