スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


たちあがれ 1人公認取り消し(産経新聞)

 たちあがれ日本は16日、参院選福島選挙区で擁立を決めていた元福島県議、白石卓三氏(58)の公認を取り消すと発表した。白石氏が健康不安を理由に公認辞退を申し出た。

【関連記事】
「逃げる」民主 「追えぬ」野党 首相54議席以上を視野  
「創生『日本』」 たちあがれ、創新と連携方針
「みんな」が元経産官僚擁立 参院比例代表
ネットは無党派候補の“必需品”?
民主、静岡は一本化せず 「共倒れの危機低い」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

菅首相が宮崎の農家視察「国家的危機との認識」(読売新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
広がる食物アレルギー対応 料理教室や食品開発も(産経新聞)
<闇サイト殺人>控訴審初公判 8月9日、名古屋高裁で(毎日新聞)
<わいせつ行為>モデル志願女子高生に 容疑の教諭逮捕(毎日新聞)

<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)

 野党は菅内閣の発足で夏の参院選の流れが民主党に一気に傾くことを警戒している。各種世論調査で菅直人首相への支持は軒並み高く、「菅氏くみしやすし」(自民党幹部)という当初の楽観論は吹き飛んだ。終盤国会で小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題を引き続き追及する構えだが、「小沢隠し」批判に頼る姿勢には、新内閣への攻め手を欠く苦悩が透ける。

 自民党の麻生太郎元首相は8日、東京都内で行われた同党参院選候補者の応援演説で「『あなたは静かにしてちゃいかん。堂々と説明すべきだ』と言ってはじめて、『小沢を抑えた』と言えるのではないか」と菅氏の「脱小沢」路線を批判。「本格的左翼政権が今日スタートする」とあおった。

 谷垣禎一総裁も7日、出張先の高松市で「左翼的な色彩の政権」と懸念を表明したが、8日の記者会見で「何が左翼的なのか」と問われ「漠然たる印象だ」と釈明。逆に「ためにする批判」という印象を強めてしまった。谷川秀善参院幹事長は会見で「上手に内閣を交代した。参院選を前に真剣に受け止めないと、えらいことになる」と述べ、焦りをにじませた。

 公明党の山口那津男代表は、菅内閣が鳩山内閣の閣僚の大半を引き継いだことを挙げ、「『ミニ鳩山内閣』と言わざるを得ない。脱小沢色を演出して表面を飾ったに過ぎない」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も「事業仕分けで活躍した人たちが出てきた『事業仕分け内閣』だ。国民の生活を切らないようにきらりと目を光らせる」と陣容を批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「中身はまったく変わっていない。バラマキ路線は今後も継続する」と述べた。

 国会会期中に予算委員会が開催されるかどうかは野党の死活問題になっている。共産党の市田忠義書記局長は「幹事長や首相を辞めた人であっても、国会で真相を解明しないとクリーンとは言えない」と強調。たちあがれ日本の園田博之幹事長は「予算委員会を開かないまま選挙に突入させてしまったら、野党がだらしないことになる。結束して会期延長させる」と語った。【中田卓二、岡崎大輔】

【関連ニュース】
菅首相:秘書官は6人体制
菅首相:副大臣4人内定 17ポストは再任
菅首相:補佐官に寺田氏ら2人 4人体制に
菅首相:官房機密費 使途公開検討も
菅首相:「財政再建に全力」記者会見で表明

衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
介護職員「キャリアパス要件」のモデルを例示―厚労省(医療介護CBニュース)
【小鳩退場】「次の首相いない」「国民の恥」(産経新聞)
菅新首相の政務秘書官に異例の現役官僚(産経新聞)
民主・石井一議員の自宅から1000万円盗難(読売新聞)

辻元副国交相 辞表提出「辞めるのは寂しい」と号泣(毎日新聞)

 所属する社民党が連立政権を離脱するのに伴い、前原誠司国土交通相に正式に辞表を提出した辻元清美副国交相は31日の登庁時、記者団に「国交省は利権の巣窟(そうくつ)というイメージがあったが、そうではなかった。不安いっぱいだったが、多くの職員が変えていこうという思いに賛同してくれた。辞めるのは寂しいしつらい」と号泣し悔しさをあらわにした。

【関連記事】社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

 辞表を受け取った前原国交相は「JAL(日本航空)問題で他省庁を説得し再建を進められたのは辻元さんの力が大きい」と切り出した。これに対して、辻元氏は「(今後は)野党で質問に立って、追及していく立場でご協力申し上げたい」と応じ、笑顔を見せた。

 辻元氏は着任直後から、日本航空の再建問題にかかわった。同社が会社更生法の適用を申請した1月19日前後は、日航機の運航が止まらないか寝ずに見守ったという。【寺田剛】

【関連ニュース】
鳩山首相VS記者団:「社民党の連立離脱は大変残念」5月31日午前8時28分
社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
社民党:連立離脱へ 地方、国会議員大半「容認」
社民党:政権を離脱 国会審議「是々非々」/内閣支持20%−−毎日新聞世論調査

需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1〜3月期(時事通信)
<普天間移設>体面優先、実現後回し 共同声明「砂上の楼閣」(毎日新聞)
山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
<ホンダ>「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
山田宏日本創新党党首が参院選出馬へ(時事通信)

CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)

 東京都江戸川区のスーパー「マルエツ松江店」で女性従業員2人が一酸化炭素(CO)中毒になった事故で、カツオから検出されたCOは微量で中毒になるほどではなかったことが19日、江戸川保健所への取材で分かった。同保健所によると、検出されたCOは1ppm未満だった。

<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる(読売新聞)
<キツネ>空き家の床下に親子 茨城・坂東(毎日新聞)
【from Editor】企業と読者のナビ役に(産経新聞)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)

<普天間>首相、全国知事会長に会議開催を要請(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は13日午後、全国知事会長の麻生渡福岡県知事と首相官邸で会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関連して全国知事会を5月中に開催するよう求めた。

 政府は沖縄県の負担軽減のため、沖縄駐留の米航空部隊の訓練を全国の自衛隊基地などに移転させる案を検討している。首相は「全国の知事に協力を求める機会がほしい。知事会を月内に招集していただきたい」と麻生氏に要請した。

 麻生氏は月内開催に応じる意向を伝えた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
普天間:くい打ち方式に米側が難色 日米審議官級協議で
普天間:鳩山首相 6月以降の交渉継続に初めて言及
普天間移設:政府原案「辺野古周辺」明記
普天間移設:米との交渉優先を 亀井担当相
普天間移設:官房長官が徳之島町議5人と会談

8歳女児刺され重傷、32歳女を逮捕 大阪・東住吉(産経新聞)
普天間「負担の分担」要請=徳之島町議「島民の声厳しい」−平野官房長官(時事通信)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)
昨年の医療事故関係の届け出など152件−警察庁(医療介護CBニュース)
マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)

ヨット沈没、防水携帯で助け求め3人救助(読売新聞)

 4日午前9時頃、香川県土庄町の大部港北沖約1・2キロの瀬戸内海で、東京都新宿区、医師伊藤博澄さん(61)ら3人の乗ったヨット(7・9トン)が座礁、船首底に開いた穴から浸水して沈没した。

 3人は救命胴衣を着けて海中に飛び込み、伊藤さんが防水仕様の携帯電話で118番。小豆島海上保安署などの巡視艇やヘリコプターが出動し、約2時間後に救助された。

 発表によると、同乗していたのは大阪府羽曳野市、会社員栄藤裕三さん(57)、岐阜市福光西、医師原爽さん(63)。伊藤さんと栄藤さんにけがはなく、原さんは肋骨(ろっこつ)を折る重傷。

 友人同士の3人はこの日午前8時30分頃、同港から岡山県に向かって出航したという。当時、濃霧注意報が出ており、視程は100メートル程度だったらしい。

毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
<橋下知事>街頭演説で大阪都構想…「市役所と府庁は解体」(毎日新聞)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)

新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は19日、福岡市内で講演し、新党を結成するかどうかについて「えらい迷惑だ。新党なんて全く関係ない。メディアが先走って『舛添新党不発』と書いている(だけだ)」と述べた。

 また、党内で舛添氏に対する批判が強まっていることについて「大自民党の国会議員が(私を巡る報道に)反応したらダメだ。私は自民党の悪口は言っていない。党内でつるし上げられる理由はない」と訴えた。

<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
仙谷と前原がポスト鳩山で意見交換? ベトナムで接触(産経新聞)
舛添氏、午後に離党届提出へ=あす新党結成(時事通信)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)

新潟で震度4(時事通信)

 16日午後4時38分ごろ、新潟県で地震があり、胎内市で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は新潟県下越地方で、震源の深さは約20キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定される。 

【関連ニュース】
阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突
邦人被害の情報なし=首相「復興支援を用意」
北海道で震度4
茨城で震度4
北海道で震度3

携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
こいのぼりがお目見え=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆
関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)

中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)

 【北京=矢板明夫】14日に大規模な地震に見舞われた中国青海省玉樹チベット族自治州には、医療チームが次々と到着した。30時間ぶりの救出劇に沸いた現場もあるものの、救助活動は難航しており、建物が倒壊した小学校では焦りもにじむ。余震が続く中、帰宅できずに広場に集まっている住民は数千人に上り、健康状態の悪化も懸念されている。

 「30人以上の子供が死んだ。もう暗くなり、これ以上作業できないかもしれない…」。玉樹県第3完全小学校のニマジャンツエ校長は涙声で、中国紙、青年時報の取材に応じた。

 18棟の平屋建て教室はすべて倒壊。朝早く登校し、予習中だった児童約300人が生き埋めになったと推測される。鉄やコンクリートを切断する機材がなく、教師や保護者らはほとんど手作業で救出作業を続けている。14日夜までにがれきの下から61人の児童を運び出したが、うち34人の死亡が確認された。

 14日深夜から15日にかけて、中国各省から派遣された救助、医療チームが空路で次々と到着した。

 15日正午過ぎ。県中心部にある西北牛ホテルで、生き埋めとなったホテルのスタッフら4人が、地震後約30時間ぶりに救援チームに救出された。「大丈夫か」「ゆっくり、ゆっくり」。被災者が引っ張り出された瞬間、現場は救助隊員の叫び声とともに、大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 「夜の温度は0度以下になる。外で過ごすのは本当につらい」。自宅が倒壊した女性は中国メディアに訴えた。余震が続く中、玉樹県の中心部広場などに数千人の市民が集まり、夜も帰宅できないでいる。水とお菓子などが配られているため、現時点で食料の心配はないが、寒さは一番の大敵とされ、家族が身を寄せ合っている姿があちこちでみられるという。

 被災地は海抜4千メートルの高原地域で、風邪をひけば肺炎になりやすく、命を落とす危険もあると指摘されている。ある医療スタッフは中国メディアに、「テント、布団、医薬品…。いまはあらゆるものが足りない」と訴えていた。

【関連記事】
中国、日本の援助隊派遣を断る 「外国の援助は受けない」
中国青海省地震 国際救援で被害最小化を
温家宝首相、被災地入り 中国地震
中国の余震600回超す うち4回はM4.0以上
チベット仏教の寺院も倒壊、僧侶2人が死亡
外国人地方参政権問題に一石

わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国−大阪(時事通信)
介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘−大阪国税局(時事通信)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)

病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死−大阪府警(時事通信)

 大阪府貝塚市の精神科病院「貝塚中央病院」で2008年、男性患者=当時(48)=がベッドに拘束され死亡した事件で、府警貝塚署は13日までに、カルテを改ざんしたなどとして、理事長(61)ら3人を証拠隠滅容疑で、元同病院看護師栗原誠一被告(54)=業務上過失致死罪で公判中=を同教唆容疑で書類送検した。同署によると、理事長ら3人は容疑を認め、栗原被告は「病院がわたしを陥れようとしている」と否認しているという。
 ほかに送検されたのは、当時の当直医(30)と看護師長(58)。
 送検容疑では、元看護師は08年1月21日、男性患者を無断で拘束したことを隠ぺいしようと、当直医にカルテの改ざんを依頼。理事長は看護師長らに看護記録を書き換えさせた疑い。 

【関連ニュース】
事件関連で射撃残さ付着か=コート、アタッシェケース
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる

「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)
不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始−小1女児殺害・広島高裁(時事通信)
<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)
雑記帳 愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬サイト
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 比較
債務整理
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM